スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

スペイン旅行
スペインは遊び心いっぱい、スリもいっぱい。
かの有名なサクラダファミリア
バルセロナから帰ってきた。
スペインは素晴らしかった。
全てが快適、機能的。
町は綺麗だし、緑もいっぱいあるし、人々は解放的。
フラメンコも闘牛もガウディもよかった。
パエリアもタパス(小皿料理)もサングリア(赤ワインの果実酒)もよかった。
モロッコから、スペインを眺めると、先進国ってこんなに快適なのかとびっくりすることだらけ。
飛行機でたった2時間なのに、そこは別世界だった。
そしてどこもかしこもセールの時期。
滞在費も安い。
日差しもきつすぎず、暑すぎない。
ヘアーサロンに行って、カットとパーマまでしてきた。
日本に帰国した以上にリフレッシュしたかもしれない。

もとの環境になじむのにちょっと時間がかかりそう。




スポンサーサイト

2009.07.26(Sun) | 2009/07 | cm(0) | tb(0) |

猛暑
エルフードにいるのがつらい。
非常につらい。
水は熱湯に。
サウナの中で暮らしているよう。
しかも窓を開けると風に乗って砂が入ってくる。
壁も家具も電化製品も自分もすべてが熱い。
水とオレンジジュースとヨーグルトしかのどを通らない。
また1キロ減った。
暑すぎて熟睡もできない。
ということで、やっぱり夏にここで過ごすととたんに体調不良です。
早くここから避難しよう。
来週はラバト、再来週はバルセロナに旅行してきます。

2009.07.12(Sun) | 2009/07 | cm(1) | tb(0) |

モハイヤム第1弾 SIDI-HAMZA
モハイヤム(サマーキャンプ)から帰ってきた。
K子とYちゃんの学校隊員仲間とも一緒。
SIDIーHAMZAは朝晩涼しく、過ごしやすかった。
携帯のアンテナは山に囲まれているために届かない。
自然に囲まれた田舎の小さな村。

そこで6歳から16歳までの子供たち80人ほどと、モロッコ人の指導者の大人10数人と生活をともにしてきた。
私たち日本人は、共同で音楽や図工の活動をした。
隊員仲間の指導している姿は普段は見る機会がなかなかない。
K子のリズム遊びやペンダント作りや小麦粉粘土の活動、参考になった。次年度は私の活動にも取り入れたい。
Yちゃんは、保育園の先生らしく、一人一人の健康状態をよく見ていて、関わり方が優しい。

モハイヤムは日ごろ体験できないことだらけ。
何せ24時間ずっと隔離された場所で一緒だから、毎日の関わりが濃い。
8時半に朝の集い、朝ごはん9時、活動その①、昼ごはん2時、昼寝、おやつ5時、活動その②、夜ご飯10時、活動その③、就寝12時過ぎという、モロッコタイムの体に悪いプログラムで体調崩す子どもや大人も多かったけど、基本陽気なのであまり気にしていなかった。

活動の内容は、前の日のミ-ティング(深夜)に考えるという具合でかなり適当。
私たち日本人の活動は切り紙や習字、小麦粉粘土、ミュージックベルや歌の指導など。
モロッコ人による活動はサッカー、踊りや歌の発表、砂利道整備や掃除ペンキ塗りの労働、村の散策(絶えず太鼓の伴奏と歌つき)、ハイキングなど。

エルラシディアと地元のベルベルの2つの地区の子どもたち。
子どもたちの気質は違っていた。
エルラシディア(エルフードの隣町)の子どもたちは自己主張もはっきりしていて、勢いがある。
ベルベル(地元の村)の子どもたちは純朴でおとなしめだけど慣れてくると生き生きしてきた。

明るくてフレンドリーでマイペースな大人たち。
国が違うことで、こんなにも考え方や感じ方に違いがあるものかと思う。
でもその違いが楽しい。
毎日が発見の連続だった。
指導者である20代の青年たちは一緒にいて楽しかった。
日本人の間でひそかにニックネーム(例:前髪君、目立たない君、なで肩くん、ノッポさんなど)をつけて、それぞれのキャラクターを観察しあって面白かった。彼らとは後半かなり親しくなれた。
みんなで踊ったり、星空を見たり、ハイキングに行ったり、、、心に沁みる思い出ができた。

今回のモハイヤムで調子づいた私は、もう1つモハイヤム参加を決め、合計でこの夏は3箇所のモハイヤムに行くことにした。次は日本人一人での参加。8月はあえて一緒にいて心強い日本人仲間から離れ、環境のまったく違う人たちとの交流にチャレンジ。
自分の固定概念をふきとばして、もっともっと視野を広げたい。

IMG_2753.jpg

IMG_2777.jpg

IMG_2743.jpg


2009.07.10(Fri) | 2009/07 | cm(1) | tb(0) |

さようならカメレオン
元気よく木の茂みに入っていくカメちゃん
カメちゃん(メス)とレオンくん(オス)を自然に返してきた。といっても、エルフードは森林はないし、ナツメヤシの木しかないから、カメレオンが好きそうな葉っぱが青々と茂った木を探して、あるホテルのガーデンに放した。そこにはカメレオンが好きそうな木がたくさんあって、天敵のネコもいなかった。昨日、元気のないレオンくんを放したら、木に喜んでしがみついて、イキイキと動き出した。この様子をみて元気なカメちゃんも手放すことに。もっと一緒にいたかったけど、彼らの幸せを考えたら、家の中で飼うのは自由を奪うこと。網戸にしがみついて外をみるカメちゃんが切なそうに見えた。私の指にしがみついて昨夜はすやすや眠っていた。
外に行きたい、と言ってるような気がした。
IMG_2725.jpg


別れは不覚にも涙が出てしまうほど悲しかった。もう会えないかもしれないけど、時々ホテルに行ってみよう。ホテルの人々も親切で快くOKしてくれてよかった。あんな小さな2匹のカメレオンに、短い時間ながらいろいろ感動を味わわせてもらった。いつか庭付きの家を持ったら、その時は犬か猫を飼いたいな。

明日から12日間、はサマーキャンプ(モハイヤム)に参加する。7月はモハイヤムにJICAの総会、スペイン旅行とほとんど任地にいない。ブログもまめに更新できませんが楽しく過ごしていると思っていて下さい。

2009.07.01(Wed) | 2009/07 | cm(2) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。