スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Im in Madrid
Ive been for 4 days now in Madrid .
I went to Tomato Festival and Segovia .
I love in Spain . Nice wheather , nice food , everything orgarnised . So comfortable !
I wish I could live here ...
at Gran via
スポンサーサイト

2009.08.28(Fri) | 2009/08 | cm(0) | tb(0) |

my vacation
Ive been in Rabat for 2weeks now. Im finish summer camp . everyday I enjoy meeing new friends. soon starts Ramadan so in 1weeks I fly to Madrid .

折り紙指導
毎朝ビーチに行く
相棒のY。活動をどんどん進めてくれて楽だった。

2009.08.18(Tue) | 2009/08 | cm(0) | tb(0) |

ひとりごといろいろ
体調は2日で完全復活。自分でもびっくりするくらい、急速に元気を取り戻した。でも白ご飯とミキサーで作る生ジュースしか口にしてない。幸い暑さのピークは過ぎたらしく、ほんの50度くらい。過ごしやすくなった。
近所のYちゃんはもうすぐ任期を終える。今日は帰国準備を始めている彼女から、いろいろモノをもらった。マンガ本、書道セット、だしのもと、ふりかけ、整腸薬、などなど・・・。
いやぁ、うちの中、見渡すと、1年前は空っぽだったのに、モノがいっぱい。自分で買ったものも増えたけど、帰国する隊員たちから譲り受けたものがどんどん増えいった。Yちゃんが部屋を片付けていたのを見て、私も汗を流しつつ、部屋のそうじとかたづけ、および週末からの移動に備えての荷造りにいそしむ。
そして久しぶりにNTCの思い出DVDをじっくり見てみた。いやぁ、懐かしい。自分の班のところはついつい顔がほころぶ。あの頃せっかくがんばったフランス語だけど、残念ながらきれいなフランス語は全く身についていない。普段の言葉は、アラビア語とフランス語のミックス。「アロー、コモンバチュ、あな だば えるふうど、ウィ、はむどぅりっらぁ」という具合。(カタカナ=仏語、ひらがな=アラビア語)
そして旅行に行ってかなりお気に入りのスペイン。バルセロナからエルフードの小学校にボランティアが来ている。昨日見学に行ったけど、スペイン人がわんさかいて、教材もわんさかあって、手伝うこともなかった。大勢で指導すれば、モロッコの子どもたち、おとなしく言うとおり活動する。スペイン語だけしか話さないけど、子どもたちは圧倒されて言われるがままになっていた。

旅行から帰ってきて仲間に言われて気づいたけど、フラメンコを見たとき、舞台のわきはアジア人で、中央は欧米人ばかりだった。ほかの日本人が別の機会にそこへ行ったときも端っこの席だったという。フランスの格式高いレストランでは、アジア人は予約をしていても壁側の奥の席などしかあてがわれないとも聞いた。やっぱり見えない差別ってあるんだなと感じた。モロッコにいると、どちらかというと日本人は優遇される立場にある。「シノワ、ジャッキーシェン、ジェットリー、ニーハオ」などなど通りすがりに話しかけられることは日常茶飯事だけど、基本フレンドリーな人たちだ。さりげなく差別されていた事実に気づいて、いろいろ考えさせられた。


2009.08.06(Thu) | 2009/08 | cm(2) | tb(0) |

モハイヤム第2弾 Ras El Ain
モハイヤム(サマ-キャンプ)2回目は、避暑地イフランの近くの山の中、RAS EL AIN。
1週間ほど日本人1人で参加した。私以外は全員敬虔なイスラム教徒のモロッコ人。

いやぁ、前回と雰囲気が違っていた。
何が違うかというと、そこはイスラム教100パーセントの世界だった。

子供らは150人くらい、ラバト、ケニトラ、タンジェ、メクネス、アガディールなど、各地都会から参加。
人々はみんな好意的で、居心地は悪くなかった。

でも、でも・・・1日のプログラムの要となっているのは、
朝5時からお祈り&コーランの勉強、
昼ごはん前もお祈り
夕ごはん前もお祈り&コーランの勉強、
歌う歌はすべてアッラー万歳的な歌。

子どもから大人まで、みんなが口にするのは
「何でお祈りしないの?」→私だけお祈りをしないのはとても不自然らしい。
「イスラム教について何を知ってるか?」→イスラム教の素晴らしさを教えたいらしい。
「モロッコは好きか?」→とっても好きかちょっと好きかも聞かれる。間違ってもキライとは言えない。
「アメリカは好きか?」→自分は大嫌いなのを前提に聞かれる。間違っても好きとは言いにくい。

この中にいると、なんだかお祈りしないのはいけないことのように思えてきて、とうとう最後の日に一緒にお祈りもすることに。この後の子供たちの喜びようがすごかった。YUKOがお祈りした!スカーフ貸すよとか私のジュラバ着てとか、コーランのこと、もっと教えてあげるとか・・・。とにかくうれしそうだった。
ここで印象的だったのは、イスラム教徒であることにどの子も誇りをもっていること、ほんの8歳の子供だって、お祈りやコーランを唱えることは当たり前のことで、生活のベースになっているのだ。

私の活動としては、音楽と図工を午前中に実施。
ここでもかえるの歌は好評、切り紙とぴょんぴょんがえるとつるも好評だった。
帰る日に、子供も大人も全員、一人一人の名前をひらがなで書いて渡してあげたら喜ばれた。

今回は、イスラム教一色のモハイヤムに一人乗り込み、貴重な体験ができたと思う。


夏休みの移動の多さ、初めての経験の多さからか、エルフードへの帰りのバスで吐き気と下痢、寒気と胃痛におそわれ、これまでの夜行バスの中で最も辛い1夜だった。
家に帰るとそうじもしないですぐにベットに倒れこむ。(私が砂埃っぽい部屋に帰ってきてそうじをしないで寝ることはまずありえない。)この暑さが、寒気で震える体には心地よかった。丸1日ポカリで水分補給して安静にしてたら回復してきて、熱も下がって、起き上がれるようになった。まだ食欲はないけど、こうやってパソコンを打てるくらいには元気、明日には復活できると思う。

復活したらエルフードに来ているスペインのボランティア団体の小学校での活動に合流。
週末から始まる3回目のモハイヤムはラバト近く。
その後は2回目の任国外旅行、スペインとフランス。

まだまだ充実の夏休みは続く。













2009.08.04(Tue) | 2009/08 | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。