スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

活動開始
気持ちの良い、過ごしやすい季節の到来。
寒すぎず暑すぎず、ちょうどいい。

先週、スムーズに時間割も完成し、今週から2つの新しい小学校で活動している。
午前中はウラッドブージエンという、村の学校、
午後はアナスブヌメリックという、町の学校。
2年生から6年生まで、合計20クラスを週1回ずつ巡回します。

今週は手始めに切り紙。
理由は、年度初めで子供たちが色鉛筆、はさみなど比較的良い状態で用意できるから。
昨年度は図工を4月5月の年度最後に行ったら、ほとんどの子が色鉛筆どころか、えんぴつも消しゴムもぼろぼろだった。今年は、はさみの保持率はクラスによってまちまちで10本用意して持っていってちょうどたりるくらい。色鉛筆はほとんどの子が新しいのを持っている。やっぱ図工は年度初めがいいようだ。

画像 062

町中も村も、先生たちのしつけが行き届いていて、授業中しーん、としている。
静か過ぎてかえってちょっとやりづらいくらい。

まぁ、第1回目だからしかたないか。
今年はできれば、算数でも何か提案ができればいいなと、思っているところ。
先生の一人に高校生に英語を教えてほしいとも頼まれている。
できるかなぁ。


スポンサーサイト

2009.09.29(Tue) | 2009/09 | cm(2) | tb(0) |

モロッコ人は面白い。
9月は、予想していたとおり、何も活動が進まない。
とりあえず、自分で時間割案を作ってみたから、今週か来週あたりで先生たちと話し合って決定したいところ。まぁ、やっとラマダンが明けて通常の生活に戻ったばかりだから、しょうがないか。
10月から始動できればよし、と思っている。
最近、あせってイライラすることが、ほとんどなくなったなぁ。

先週末も、またラバトに行っていた。大好きラバト。
JICA事務所に宿泊所ができたおかげで、ラバト滞在がさらに快適になった。
隊員仲間と一緒にいるのは、わいわい楽しい。
今回は、所長宅でお料理のお手伝い中、とってもまぬけな形で指をやけどして大笑いしたり、ダハブというカードゲームで明け方まで盛り上がったり、Yちゃんたちとの最後の別れを惜しんだり、またもや楽しいひとときだった。
最近、日本人とばっかりたわむれているなーと思いつつ、エルフードに戻る。

活動お疲れ様でした。


今日は、カルトセジュール(滞在許可書)の2年目の更新で、役所や警察署や写真屋を回った。必要な書類に役所の印紙を貼ってもらう場所は激込みで、列を守ることをしらないモロッコ人たちで押し合いへし合い状態だった。「列を守って並ぼうや」と言い出す気の利いたおじさんが出現したかと思いきや、その当人がすきを見つけて割り込んでいたり、人だかりをもろともせずに割り込みをするおじいちゃんがいたり、窓から書類片手に叫ぶ人がいたり、いやぁすごかった。でも、割り込めない私の書類を持って中に入ってくれるおじちゃんもいるし、待たされてみんないらいらしてるのかと思えば誰かが冗談を言えばみんな笑い出すし、面白い人たちだ。「要領よく」とか「秩序をもって」とかいう言葉は存在しないけど、ユーモアと親切さも兼ね備えている人たちなのだ。
案の定、揃えた書類をもって警察に言ったら担当者は不在。明日また出直し。
そうそう、その滞在許可書に貼る100DHの印紙、これもエルフードに売ってなくて、ラバトで買おうと思って行ったら、メディナの外れで何人も人に聞きながらやっとたどりついたのに30分遅くて買えず、結局日を改めてタクシーで片道1時間の隣町のエルラシディアまで買いにいった。買うのも、警察で購入するための用紙を書いてもらってその紙を持って所定の売り場へ行ってやっと手に入る。要領悪いのに各種の手続きだけは何段階もあって面倒くさい。

でも、最近の私は本当にイライラしない。モロッコのペースに何もかも慣れてきたから。
残りの生活も半年と思えば、どれもこれも楽しい経験と思える。
帰国する隊員たちが口を揃えて言う、帰国半年前から活動が起動にのってきた、楽しくなったと。
私も同感だ。

心に余裕が出てくると、いろんなことが見えてきてうまくいくんだと思う。







2009.09.24(Thu) | 2009/09 | cm(1) | tb(0) |

一人任地
ここ1週間、一日に1回は雨が降っている。
雨が降るととたんに道路がぬかるみ自転車走行は困難に。
夏が終わったと思ったら、もう肌寒い。

今朝、もう一人のエルフード仲間のYちゃんも、任地を去っていった。
活動先の村が大好きな彼女は、ぎりぎりまでエルフードにいて、モロッコの家族と過ごしていた。
昨日は夜な夜ないろいろ思い出話が尽きなかった。

あーあ、これでエルフードに一人か・・・。
ってほんのしばらくだけど。
11月にはまた2代目の新隊員がやってくる。

新しい学校もめどがつき、午前と午後、2箇所の学校に顔見せに通う。
今日、前の学校に行ってきた。
先生たちや子供たちなつかしい。
別れを惜しんでくれたけど、さわやかにさよならしてきた。

次の開拓地へ、チャレンジあるのみ。

ラマダンも終盤。毎日フトールをごちそうになる日々だが、少々飽きてきた・・・。
画像 002



2009.09.15(Tue) | 2009/09 | cm(1) | tb(0) |

新年度に向けて
脱力感を抜け出して、以外にも活動にやる気がみなぎっている。
それは一昨日の中間報告会をエルラシディアのデルガシオン(市教育委員会のような場所)で行った後、私の担当のM・スアグに「町の学校でも活動してみたら?」と言われたことがきっかけだった。
これまで活動要請であった、町の外れの村にある小規模な3つの学校で1年間、要請どおりの活動をこなしてきた。子どもたちと交流できたことではそれなりに満足はしている。2年目であるこの新年度も去年と同じような流れで活動するのは、楽といえば楽。
でも私は壁が好き。ちょっと欲が出てきた。陽気だけど向上心のないおじさん先生たちに囲まれた環境から、もっと若手で向上心のある先生たちと一緒に活動したいって気持ちになった。
何事も上からの指示だと物事がスムーズに進む国、だからM・スアグに相談して、9月中にやる気のある先生のいる小学校を見つけよう。夏休み前にすでに決定した、新たな活動先の別の村にある3つの小学校へは、もちろん行く。でも、それプラス、お互いに学びあえるような先生たちを求めて、今月は町の小学校へ視察へ行こう。フランス語の勉強もおなざりになってたけど、もう一度まじめに取り組もうって決心した。先生たちと細かい部分も会話しようって思ったら、やっぱりフランス語はどうしても必要になってくるから。
最近、追い風を感じる。欲しい情報もタイミングよく入ってくる。この追い風に乗って、素晴らしい人脈が広がりますように。

それから今日、エルフード仲間のKさんが去っていった。彼女はモロッコのベテラン。モロッコ人との付き合い方に関してはスペシャリストだった。私はなぜか彼女とたわいもない話をするだけで気持ちが和んだ。病気のとき差し入れを持ってきてくれたり様子を見に来てくれたりもしたっけ。昨日はエルフード仲間3人でYちゃんちに泊まって最後の夜を過ごした。仲間がいなくなるのは寂しいものです。

2009.09.07(Mon) | 2009/09 | cm(0) | tb(0) |

帰エルフード
エルフードに帰ってきた。
1か月、家を空けていて、うっすらと砂が積もった部屋を掃除するのに1時間かかった。
まだまだ暑いけど、人らしく暮らせる程度の暑さに緩和していた。

はー、この1ヶ月間、いろいろなことがあった。
3回目のモハイヤム、ラバト滞在、スペイン・フランス旅行。

我が家に戻ってきて、現実に戻って、かなりの脱力感。
荷ほどきも、洗濯も終わって、脱力感。

それは、この夏がとてもとても充実していたから。
倍速でいろんな経験をした。
視野が広がって、ものを見る視点ががちょっと変わったと思う。

詳細はおいおいアップします。







2009.09.04(Fri) | 2009/09 | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。