スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

王様エルラシディア訪問
「また来ないでしょ」と思っていた王様が、今回は本当にやって来そうだ。
これまで3回くらいは、王様来訪の噂が流れるたびに、道沿いにびっしりと国旗がはためき、ふだん落ちているごみもきれいに掃除された。
今回も、半信半疑だったけど、いよいよ本当らしい。
まずはエルラシディアにおいでになり、王宮のあるエルフードにもきっといらっしゃるだろう。
部屋の目の前の新市役所にもきっと来訪されるに違いない。
ということは、サロンの窓から特等席で王様を拝見できるかも。
011.jpg
これがうちの目の前の新役場。
012_20091027020039.jpg
建物には国旗の垂れ幕、道沿いには国旗、道路の上には万国旗がはためく。

今日は、音楽最終回、と思って、世界の音楽の鑑賞会を計画していた。
でも、ウラッドブージエンに行ったら、なんと学校に電気がなかった。(日常的に)
これじゃi-podが聞かせられなーい、ということで予定を変更して「頭肩ひざポン」の歌でたくさん増えた日本語の語彙でカルタをした。
頭、肩、ひさ、目、耳、鼻、口、のほかにも、眉毛、手、歯、舌、ひじ、髪なども子供たちは覚えた。
語彙を言うのは担任の先生の役。
008.jpg
左手前の3年生シェイマは、1枚もとれなくてちょっと涙目になってた。
これが初めてのグループ活動だったかもしれない。
勝負事となると、誰がとったのとらないのでしばしもめるグループが出る元気なクラスも。
でもきちんとルールを守って、カルタ遊びがほとんどのクラスでできた。
そしてピアニカでモロッコの国歌を演奏して子供らが声高らかに歌う。モロッコの国歌はメロディーがアラブって感じでかっこいいけど、音階がすごく難しいのです。モロッコ人に何人も歌ってもらって音取りしたけど、それぞれ微妙に違っていたので楽譜にするのに少し苦労した。そして最後に君が代の紹介も。

「これで音楽はおしまいです。」というと、何人かの先生に「これからも継続してドレミを教えてほしい。」と言われた。「せっかく覚え始めたのに子供たちは忘れてしまうから時々繰り返して」とか「こっちの小学校に就職して毎日音楽を教えに来て」とも。無理なお願いですが嬉しいお言葉です。


スポンサーサイト

2009.10.26(Mon) | 2009/10 | cm(0) | tb(0) |

日本の番組
静かな生活に戻り、最近はまっているもの、それは日本のTV番組。

パラボラTVでは、昼の12時から1時、夜の10時から11時まで、NHKが見られる。
それに加えて、パソコンでYOUTUBEのドラマやバラエティーをたくさんみている。

1Mで契約しているネットが、いつのまにか2Mになっていて、動画が快適にみられる。一歩外へ出るとモロッコだが、部屋にいるとここは日本か?という錯覚におちいる。

昨日日本で放送された番組が翌日にはモロッコでみられるんだよなぁ。便利な世の中だ。
情熱大陸とかグータンヌーボーとか、5LDKとか、世界の果てまでイッテQとか、さんまの新番組とかみまくっている。

ついつい夜中まで見続けて、夜更かし気味。



2009.10.23(Fri) | 2009/10 | cm(1) | tb(0) |

ナツメヤシ祭り
先週末は、人の出入りがたくさん。
金曜から月曜まで、うちにたくさんの人が寝泊まりして、お客さんもいっぱい来た。

部屋をドミトリーのようにしたら、寝室で5人、サロンで3人、8人までなら宿泊受け入れできて、10人までなら食事も一度に一緒にできることがわかった。以外に大勢いても快適だった。

モロッコの村落隊員と手工芸隊員が全員集まったことになる。
いやぁ、賑やかだった。

ナツメヤシ祭り(ダーツフェスティバル)は3日間行われ、JICAのブースには常に混み合っていたようだ。私もグールミマのテーブルクロス×3枚、ミニ巾着5枚買った。
画像 142


M氏が台所をしきってくれて、土曜日はお好み焼き、日曜日はから揚げとおでんを夕食に用意してくれた。
画像 149
画像 152


みんなが帰った後は、部屋の中ががらんとして、ちょっと寂しくなった。




2009.10.21(Wed) | 2009/10 | cm(1) | tb(0) |

English class
今日で4回目の英語の授業。
火曜日と木曜日の夜、1時間半、同僚教師のアソシエーションで英語を教えて欲しいと頼まれて引き受けた。
対象は12歳から16歳の中高校生。女子1名と男子たち。
毎回、5~8人の子供たちが集まってくる。

しばらく壁にぶち当たっていたのは、モロッコ式の教師主導型の授業にすっかり慣れていたから。
英語のゲームとかいろいろネットで調べて、「あ、そっか。日本でこんなふうに英語活動してたしてた。」ってやり方を思い出した。
モロッコでは高校1年から英語の授業が始まる。
だからまだよく英語を知らない彼らに、初歩的な英会話を、楽しく、活動中心に教えている。
今日は11から20までの数字と「How are you ?」の返事のバリエーションいろいろを教えた。
数字は「NUMBERS BOMB GAME」というゲームで遊びながら、新しい単語はカードに色塗りをさせながら覚えさせている。

教室では、一人ひとり好きな英語の名前を付けて呼び合う。
James, Mike, David, Ann などなど。
小学生とまたひと味違って、中高生となると気が利くし、少人数なので和気藹々としていて楽しい。
1時間半以外とあっという間に過ぎる。

今日は特別ゲスト、O氏も英語の授業に参加した。
体調が回復したO氏は、小学校の授業も参観、先週に引き続き、「大切なもの」を絵に描かせる活動も共同で行った。「音楽の授業、テンポがすごくいいですね。」とお褒めの言葉をいただいた。

今年のエルフードは雨も少なく、去年の今頃と比べると快適な気温が続いてとっても過ごしやすい。
明日からナツメヤシ祭りの為、遠くの任地から隊員が集まる。
去年の祭りは雨で1週間延期になったうえに、肌寒かった。
今年は予定通りに実施されそうだ。
楽しくなりそう。

2009.10.15(Thu) | 2009/10 | cm(0) | tb(0) |

エルラシディア
週末はエルフードからグラタクで1時間の町、エルラシディアにいた。
金曜日の夜は、ピースコー(アメリカ版JICA)のパーティーに参加。
いやぁ、30人くらいアメリカ人がわんさかいて、賑やかだった。
日本人4名と行って、MくんとE氏はフランス語しか出てこないらしく、「a cote」(隣の)って英語で何だっけ、とか言っていて、「next to」だよっていうと納得の様子。アメリカ人とアラビア語で会話できるって不思議で面白かった。ピースコーはアメリカだけあって白人も黒人もアジア人もいて外見は様々、山奥で活動してる人が多くて、アトラス山脈のへんぴな村でそれぞれ一人で生活、感心する。
画像 080

私は最近はじめたアフター5の英語クラスで、教え方がわからなくて壁にぶち当たっている。彼らから何かヒントをいただきたいところ。

土曜日は、Oちゃんとさびれた動物園に探検に行ったり、エルラシディアで一番ゴージャスなホテルを見学しにいったり、きれいで広いハマムに行ったりして楽しかった。久しぶりにハマムで垢すりしたら、垢がいっぱい出て気持ちよかったー。
画像 089

そして日曜は、来週末の来客に備え、部屋を模様替え。
17日から19日まで、エルフードで「ナツメヤシ祭り」があるのです。
その間、村落開発普及隊員が7名もうちに寝泊りする。
7人分の寝床を作るのに、いろいろ工夫した。
そして一人を満喫。

来週は小さな町が賑やかになりそうです。

2009.10.11(Sun) | 2009/10 | cm(2) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。