FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ジローナ空港の悲劇
お買い物ツアーが終わって翌日30日は、もうモロッコに戻らないといけなくって、お昼過ぎには再びジローナ空港へ。あ~もっとゆっくりしたかったよ~と名残を惜しみつつ、空港へのリムジンバスに乗る。
そしてRYANAIRのチエックインが・・・これが手ごわかった。何が手ごわいかというと、荷物制限。ネットでチケットを予約するとき、「手荷物は一人1個まで、縦横奥行きそれぞれ何センチでそれより大きいものは別途手数料が必要」っていう規定があって、もしそれ以上の荷物を追加するときは何百dhか払わないといけない。

夏に乗ったときも今回の行きも、フェズ→ジローナは、モロッコ人による仕事なので甘々チェックで余裕だった。でも帰りのジローナ→フェズはスペイン人による仕事。今回はと~っても厳しかったのです。まずチェックインのカウンター隣に荷物の大きさをチェックする枠があって、これに荷物が収まらないとアウト。重量も10kg以上だったら1kgにつき30€の超過料金。
夏に乗ったときはあんまり厳しくなかったから、今回も大丈夫と思って私は追加荷物をチケット予約するときしてなかった。だからスペイン人たちによる厳しい荷物大きさ&重量チェックをみて、ひぇ~~~とびびった。なぜなら、手荷物のバックはどうしてもスーツケースの中に入らなくって荷物が2つになってしまってたから。重量は9.7KGでギリギリセーフだったのに・・・。手提げの荷物に35€払う羽目に・・・。トホホ。
ま、それでも格安チケットだから安いんだけどさ~、何なの?半年前との違いは??と言いたかった。
みなさんライアンエアーを使うときは荷物チェックに要注意ですよ。

そんなこんなで、夜7時にフェズに着き、ラバト行き最終列車に間に合わなかったから駅近くのホテルに1泊。先進国からモロッコに戻ってくると毎回感じるこの切なさ。何なんでしょうね。フェズ空港について荷物検査のおっちゃんとかのムダ話とか、列を守らないモロッコ人搭乗者たちにキレる私。その後帰ってきた2日くらいは「あ~だからモロッコは」となぜかモロッコ人に対して心が狭くなっていたのでした。
スポンサーサイト

2010.02.07(Sun) | 2010/02 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://01280128.blog37.fc2.com/tb.php/219-d8ae785e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。